センコーホーム岡山株式会社

※1:冷暖房設備、換気設備、照明設備、給湯設備、のエネルギー消費量をそれぞれ計算し、合計して算出。
ゼロまたはプラスの収支が見込めます。

センコーホーム岡山は、「ZEH(ゼッチ)ビルダー・プランナー」登録会社です。

「建築家の家づくり」+「ZEH(ゼッチ)」で、エネルギー収支ゼロまたはプラスへ。

Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を略したもので、「住宅で1年間に消費するエネルギー量」(冷暖房などの空調・給湯・照明・換気)と「住宅で1年間につくるエネルギー量」(太陽光等)の差が概ねゼロ、もしくはつくるエネルギー量のほうが多くなる住宅のことをいいます。 ZEH住宅の実現のためには、建物の断熱性能を高め、機器類を高効率化にし、使用エネルギーを削減して(省エネ)、太陽光発電などでエネルギーをつくり出す(創エネ)ことが必要になります。 新築をご検討されている方には、とても魅力的な話だと思います。

ZEHビルダー・プランナーのセンコーホーム岡山は、「建築家の家づくり」に加え、「ZEH(ゼッチ)」という新たな価値をご希望のお客様にご提案させていただきます。 まずは、その魅力と取り組みを簡単にご説明します。 〈ZEHビルダー登録番号:ZEH30B-00450-C〉

政府の補助金制度など優遇措置
<平成30年度>

70万円+αの補助金

政府は2020年に省エネルギー基準への適合義務化を行い、2030年には新築住宅の平均でZEHを実現しようとしています。より多くの方が、ZEH仕様を導入しやすいよう、政府は補助金制度など優遇措置を出しています。

ZEH住宅は、エネルギーを節約し、環境や家計にもやさしい快適な暮らしを実現します。 センコーホーム岡山はZEHビルダー登録会社として、自社の受注住宅のうち、ZEH住宅の受注割合を2020年までに50%以上とする事業目標を掲げています。

政府が公開している「ZEH情報」はこちら

※上記の70万円の補助金は、平成30年度(2018年度)「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業」の補助金額(環境省)です。 ZEHゼッチ+仕様の場合、補助金定額115万円、蓄電池設置3万円/ kWh(上限45万円)の補助金額(経済産業省)となります。

ZEHの周知・普及に向けた具体策

断熱+省エネ+創エネで
「光熱費節約」「ヒートショック予防」。
より豊かな暮らしへ。

ZEH住宅にすることで、生活のために欠かせない「光熱費の節約によるランニングコストの削減」や「居室間の温度差による急激な血圧上昇(ヒートショック)の予防」で、より豊かで快適な時間を過ごすことができるメリットを、モデルハウスや見学会などのイベントや打ち合わせで伝えさせていただきます。

コストダウンに向けた具体策

「自然エネルギー」を考慮した設計で
コストダウン。

住宅設計時には建設地に合った自然エネルギーの利用方法を考慮し、断熱材の性能値や厚さの検討、方位を考慮したサッシの仕様やガラスの選定を行った上で社内での外皮計算を行い、ベストなバランスを見つけ、費用対効果が良い組合せを選定することによりコストダウンを図ります。

断熱材・サッシ・給湯器や太陽光発電などの材料仕入れについてもメーカーや仕入れ業者と協力し、コストダウンに努めるとともに、コストパフォーマンスの高い材料の情報収集に努めさせていただきます。

その他の取り組みとして

ZEHの「省エネ・創エネ」の魅力を
体感できる見学会を開催。

ZEH住宅の完成見学会は積極的に開催し、いつでもZEH住宅を体感できるモデルハウス建設の検討を行います。(※写真はイメージ)

センコーホーム岡山のZEH(ゼッチ)普及目標

センコーホーム岡山はZEH普及に向け、2016年から2020年までの5年間での普及目標を以下のように公表しています。

2016年度
(平成28年)
2017年度
(平成29年)
2018年度
(平成30年)
2019年度
(平成31年)
2020年度
(平成32年)
実績
(年間新築建築総数)
ZEH普及目標
6件 7件 10% 20% 50%

ZEH普及に向け、努めてまいります。